438, Nishi-machi,
Kameyama-shi, Mie, 519-0153, Japan

Reserve

0595-83-4769

BLOG



Dinner

きちんと生きる食べる
そして語らう
予約制のレストラン

「ひのめの夕餉」は、予約制の野菜を主体とした料理コースです。野菜を中心とした、その季節の“イイモノ”を、ひのめ流に美味しく、楽しく、五感で味わっていただきたいコースとなっております。お料理は全6~7品。かしこまらず、少しだけ特別な「ハレの時間」をお過ごしいただければ幸いです。

‘Hinome no Yuge’ is a set course focused on vegetables, which must be reserved in advance. In this course, you can enjoy the seasonal ‘good stuff’ with a focus on local produce; enjoying it with your five senses in the true Hinome style. The course consists of 6-7 dishes. Starting with craft beer, you can also enjoy wine and sake selected from the Okadaya Main Store.

おまかせ5000円(税抜)

つきだし
スープ
前菜
メイン
ご飯もの
デザート

※仕入れ状況により内容は異なります。
※ご予約は2日前までにお申し付けください。

Dinner

Snacks
Soup
1st Appetiser
2nd Appetiser
Main dish
Pasta
Desert
Tea


*The seasonable menu may be subject to change dependent on the local market.
*Please make reservations at least one day in advance.
Beverages (extra 500yen)

ベジタリアンコース4,500円(税抜)

VEGETARIAN COURSE4,500 yen (ex.)

お飲物(アルコール)

●ワイン

グラスワイン 800円(税抜き)〜

ボトルワイン

さまざまご用意しております、お気軽にご相談ください。


●ビール

クラフトビール 800円(税抜き)〜

食後酒もご用意しております、お尋ねください。

DRINKS(Alcohol)

/BEER

EBISU 600yen

Organic beer 550yen

/WINE

White 700yen~

Red 700yen~

/CRAFT GIN

Tonic/soda/water/on the rocks 700yen

お飲物(ノンアルコール)

ミッキードリンク 900円(税抜き)

エリザベス ジュ ド レザン 800円(税抜き)

ホームメイドレモネード 700円(税抜き)

いづつワインぶどうジュース 700円(税抜き)

ナチュラルスパークリングウォーター、オレッツア(500ml)
900円(税抜き)

スパークリングウォーター、アンティボディーズ(500ml)
900円(税抜き)

スティルウォーター、アンティボディーズ(500ml)
900円(税抜き)

DRINKS(Non Alcohol)

Mickey’s Drink 900yen

Elisabeth jus de raisin 18s 800yen

Home made lemonade 700yen

Izutsu Wine grape juice 700yen

Natural sparkling water, Orezza 900yen

Sparkling water, antipodes 900yen

Still water, antipodes 900yen

夕餉 -ゆうげ-
(完全予約制)
お一人様5,000円(税別)

ベジタリアンコース4,500円
(税別))

18:00 - 22:00(L.O.20:00)
定休日: 毎週金曜日

※ご予約をご希望の方は前日までにご連絡ください。

Hinome no Dinner

Opening Time : 18:00 - 22:00(L.O.20:00)
Close: Friday

ご予約
Reserve

chef’s message

日々大量生産されるものが増え続け
本当の’’イイモノ’’に触れる機会がなくなりつつあるこの現代社会で
それらの良さを再確認し、発信していくことが
自分にとっての使命であり、責任と感じております。
この場所が、お越しいただいたお客様の
琴線に触れることができればと願いながら。

ひのめ
上谷朋大

In modern society, mass produced foods continue to increase every day and the opportunity to create and experience the ‘real good stuff’ is disappearing. I feel that it is my responsibility and my mission to reconfirm the goodness of those things. We hope that our restaurant will be a place we can touch the hearts of our customers, allowing them to relax and enjoy the comfort of our delicacies.

I hope that our restaurant will be your peace of mind.

Owner
Tomohiro Uetani

おしぼりは而今禾という関にあるセレクトショップの藍染工房で染めたオーガニックコットンのタオルを使用しています。

日本に飛鳥から奈良時代に伝わったという藍染め。藍48色といわれる色の表現の美しさにも私たちの祖先がどれほど藍に惹かれてきたかが感じられます。薬草としても人々のいのちを支えてきた藍について私たちはどれほどの知識があるでしょうか。三重には松阪木綿、伊勢木綿という伝統産業があります。江戸の人口が百万人に対し年間五十数万反売れたという布。まさに人々の暮らしとともにあったに違いありません。工房而今禾では当時の技術「天然灰汁発酵建てによる本藍染め」を繋いでいきたいと考えています。小さな工房ですが、藍のすばらしさを発見、体感、共有して頂くことができれば幸いです。

工房 而今禾

An introduction of Indigo Dyeing, used on the hand towels provided in our restaurant.
The expression ‘the 48 colours of Indigo’ not only holds beauty, but also informs us of the knowledge our ancestors held about Indigo.
The Mie Prefecture has traditional industries, such as Matsusaka cotton and Ise cotton, which also supported people’s lives as medicinal plants.
Each year it was sold to 500,000 to 1 million people who lived in Edo.
How much knowledge is there about Indigo, that we still don’t know? Despite the fact it was a large part of people’s lives.
Atelier Jikonka is passionate about connecting with the technology from this time and the ‘Hon-ai dyeing with natural lye fermentation’.
It is a small workshop, but I hope you can discover, experience and share the wonderfulness of Indigo.

Atelier Jikonka

ご予約

0595-83-4769
Powered by goope / Admin
/