438, Nishi-machi,
Kameyama-shi, Mie, 519-0153, Japan

Reserve

0595-83-4769

BLOG



Lunch

その土地に根を張りながらも
独創的な切り口で作られる
お料理をお楽しみください

昼餉ではスープ、前菜、メイン、デザートの4皿で構成する2500円のコースと、
おまかせで約8品で構成する5000円のコースをご用意しており、月ごとにメニューが変更致します

’Hinome no Lunch’’ offers lunch courses 2500yen,and 5000yen(OKAMASE).
It includes Soup,Appetizer,Main dish, Dessert,carefully prepared by the chef using seasonal ingredients.

昼餉2,500円(税抜)

前菜 サラダ仕立ての焼き和梨

スープ 栗南瓜とバニラの冷製スープ

メイン スパイスで漬けた鶏胸肉のローストと美里町ブルーベリーのソース

デザート 葡萄と檸檬、お米アイス

LUNCH COURSE2,500 yen (ex.)

Apetiser

Soup

Main dish

Dessert

*Please make reservations at least one day in advance.
*Vegetarian course is available.
*Feel free to ask what the Menu is.

Beverages (extra 500yen)

ベジタリアンコース4,500円(税抜)

VEGETARIAN COURSE4,500 yen (ex.)

おまかせ5,000円(税抜)

OMAKASE5,000 yen (ex.)

食後茶食後のお茶+500円(税抜)

●ハンドドリップコーヒー
/大阪 TAKAMURA COFFEES ROASTERS BLEND

●オーガニックハーブティー
/ミント
/カモミール
/ローズヒップ
/ルイボス

●フレッシュハーブティー
/採れたてハーブで

●べにふうき紅茶
/亀山 市川大楽園製茶

●Prana chai TEA
/オーストラリア ,メルボルン

BEVERAGES+500 yen (ex.)

Hand drip coffee

Organic herb tea

Fresh herb tea

Tea

Prana chai TEA

お飲物(アルコール) *税抜価格

●ビール
オーガニックビール 600円

●ワイン
⽩ グラス 700円~
⾚ グラス 700円〜

●Craft gin
トニック/ソーダ/ ⽔/ロック 700円

DRINKS(Alcohol)

/BEER
HEINEKEN 600yen
Organic beer 600yen

/WINE
White 700yen~
Red 700yen~

/CRAFT GIN
Tonic/soda/water/on the rocks 700yen

お飲物(ノンアルコール) *税抜価格

●ノンアルコールワイン(750ml)
⽩ 2,000円
⾚ 1,800円

いづつワイン葡萄ジュース 600円

Homemade lemonade 600円

トニックウォーター 500円

ジンジャーエール  500円 


ペリエ(炭酸⽔) 500円

DRINKS(Non Alcohol)

Non Alcohol Wine(750ml)
White 1800yen
Red 1800yen

Izutsu winery grape juice 600yen

Home made lemonade 600yen

Tonic water 500yen

Ginger ale 500yen

Perrier 500yen

昼餉 -ひるげ-
(完全予約制)
お一人様2,500円(税別)

11:00 - 15:00(L.O.14:00)
定休日: 毎週金曜日

※ご予約をご希望の方は前日までにご連絡ください。

Hinome no Lunch

Opening Time : 11:00 - 15:00(L.O.14:00)
Close: Friday

ご予約
Reserve

おしぼりは而今禾という関にあるセレクトショップの藍染工房で染めたオーガニックコットンのタオルを使用しています。

日本に飛鳥から奈良時代に伝わったという藍染め。藍48色といわれる色の表現の美しさにも私たちの祖先がどれほど藍に惹かれてきたかが感じられます。薬草としても人々のいのちを支えてきた藍について私たちはどれほどの知識があるでしょうか。三重には松阪木綿、伊勢木綿という伝統産業があります。江戸の人口が百万人に対し年間五十数万反売れたという布。まさに人々の暮らしとともにあったに違いありません。工房而今禾では当時の技術「天然灰汁発酵建てによる本藍染め」を繋いでいきたいと考えています。小さな工房ですが、藍のすばらしさを発見、体感、共有して頂くことができれば幸いです。

工房 而今禾

An introduction of Indigo Dyeing, used on the hand towels provided in our restaurant.
The expression ‘the 48 colours of Indigo’ not only holds beauty, but also informs us of the knowledge our ancestors held about Indigo.
The Mie Prefecture has traditional industries, such as Matsusaka cotton and Ise cotton, which also supported people’s lives as medicinal plants.
Each year it was sold to 500,000 to 1 million people who lived in Edo.
How much knowledge is there about Indigo, that we still don’t know? Despite the fact it was a large part of people’s lives.
Atelier Jikonka is passionate about connecting with the technology from this time and the ‘Hon-ai dyeing with natural lye fermentation’.
It is a small workshop, but I hope you can discover, experience and share the wonderfulness of Indigo.

Atelier Jikonka

ご予約

0595-83-4769
Powered by goope / Admin
/