カテゴリー: yunou -ユノウ- 写真家浦田貴英と料理家上谷朋大の食紀行

yunou vol.7 1of4

三重県亀山市インド町 こぴらさん さぁて、第7回目yunou。 今回は三重のインドのこぴらさんに会いにゆきました。(何言ってんだ) 亀山在住のこぴらさん(すいません、本名を聞いておりませんでした笑。でもみんな彼女をこぴら...

yunou vol.6 4of4

三重県多気郡多気町 にこぱん 店主 植西美貴さん 最後は、みなさんご存知、ヴィーガン、ベジタリアンというワードについてのことから。 3人で話しているうちに、今こうして広まってきたこの2つのワードについて議論が始まりました...

yunou vol.6 3of4

三重県多気郡多気町 にこぱん 店主 植西美貴さん さてさて今回は小麦の話からいきましょう。 小麦について 小麦粉はみなさんもちろん知ってますよね。 小麦を挽いて粉にしたもの。 スーパーに売っているものは大体白いですね。 ...

yunou vol.6 2of4

三重県多気郡多気町 にこぱん 店主 植西美貴さん そして話は食と生活の関係について。 僕たちの会話の中で出てきた、教えられることと教わること。 例えば、みきさんが修行時代に働いていたパン屋の話。 当時天然酵母で作るパンが...

yunou vol.6 1of4

三重県多気郡多気町 にこぱん 店主 植西美貴さん ただいまです。 先月はyunouはお休みしておりましたので、またまた今月から再開であります。 夏季休暇明け一発目の取材は三重県、いや、日本でも有数のパワーの持ち主、にこぱ...

yunou vol.5 4of4

三重県伊賀市 日々窯 坂口 弘三・亜由美 さん 最後は別棟の工房を見せていただきました。 お客さんの要望に応えるということは、自分への挑戦でもあって、 例えば何かものを作ることによってそれが自分にとっての知識でもあり、ま...

yunou vol.5 3of4

三重県伊賀市 日々窯 坂口 弘三・亜由美 さん コロナ渦で変わったことの話。 自然の中に溶け込む感覚になってきたという弘三さん。 毎日同じことの繰り返しの中で、自分の好きなことをする。 そんな暮らしで十分だと思えることっ...

yunou vol.5 2of4

三重県伊賀市 日々窯 坂口 弘三・亜由美 さん 昔はどちらかというと作家でありたかった弘三さん。 おもてに出ることも好まず、’’かわいい’’ものも好まない(笑)。 昔勤めていた職場は、伝票がきて、それを数だけ作り、納品す...

yunou vol.5 1of4

三重県伊賀市 日々窯 坂口 弘三・亜由美 さん yunouの活動記録5回目。 本日は伊賀市にある日々窯にお邪魔しました。 小雨の降る中たどり着いたそこはとても神秘的な、でも温かみのある場所。 手前が作業場 真ん中にギャラ...

yunou vol.4 4of4

三重県 鈴鹿市 本地猛さん そして木桶の話 古くから使われている木の樽。 仕込みが終わった味噌を取り出して、次の味噌を入れるまでの間のこと 洗うときは必ず塩水で洗うといいます。 まるでその木桶の中は宇宙でした。 そして、...

yunou vol.4 3of4

三重県 鈴鹿市 本地猛さん ここには色々な桶があります。 一つ一つ味の違う木桶。 どんなにえらい方が来ても、どんなに知恵があっても、 この発酵の化学はわからないと言います。 実際に香ってみると、一つ一つ木桶の香りが違う。...

yunou vol.4 2of4

三重県 鈴鹿市 本地猛さん 本地さんの濃い濃いお話の続き。 東海の歴史を語る本地さん。 御三家(秀吉、信長、徳川)の争いの絶えなかったこの東海地方では食べ物のライフラインがとても重要でした。 腐らない食べ物。味噌。 何万...

yunou vol.4 1of4

三重県 鈴鹿市 本地猛さん 本日はyunouの活動記録4回目。 三重県鈴鹿市にある味噌蔵、東海醸造の工場長、本地さんに会いに。 江戸時代から続く東海醸造、歴史と共に歩んできたとても貴重な場所。 お店の前には昔伊勢街道が通...

1 2